HGUC ガルバルディβ 胴 その1

首はポリキャップになっていて塗装しづらくなっているので、プラ板でカバーを作りました。見えにくい部分だと思いますが一応。プラ板カバーのおかげで首の太さもほどほどに良くなったと思います。パイプ部分のパーティングラインも丁寧に処理。

プロポーションは今風になってて良いと思いますが、検索して出てくる設定画だと胴が詰まってる感じなので、胴パーツを1.5mm程度カット。こんな感じで、切断したい幅のプラ板にそって、時々パーツを回転させながらノコを入れれば同じ幅でカットできます。

パチ組みのと比べると胸パーツと腰パーツの距離が微妙に縮まっているのが分かるでしょうか。

腰の挟み込み部分は合わせ目が出ますので、段落ちモールドとして処理しました。