HGUC ガルバルディβ 足

ガルバルディβ。スタイルはなかなか良いのではと思います。一年戦争時のゲルググの雰囲気を残しつつなデザインで開発の系譜を感じ取れていいですね。シールドだけなんか唐突な感じがあるのが少し気になりますが(笑)

足は、カカトの方に肉抜きがあります。裾がかぶさり気味な所なので、さほど目立たないと思いますが、プラ板でフタしました。

よく話題になる足裏の肉抜きは、こちらもプラ板でフタ方式にしました。

その後、ゲート処理や足下のいわゆるバンダイエッジの処理、ヤスリがけといった表面処理を行いました。

ガンプラは設計、成形精度は素晴らしいものがありますが、すごすぎて関節部分の遊びがほぼないこともしばしば。

矢印部分・関節に挟み込まれている中のパーツも隙間がほぼなくタイトなので、塗装剥がれの恐れが強いです。こういうところは、なるべく元のパーツの形状が大きく変わらない程度にわずかに削って遊びをもたせました。微妙すぎて分かるどうかというところなんですが、→が加工後。

膝パーツには矢印部分に合わせ目が出るので処理(画像は処理後)。ただしそうすると分解して組み立てできなくなるので、横のモールドにそって切断しておきます。