HGUC RX-77-2 ガンキャノン

HGUC ガンキャノン (REVIVE版)完成。こうしたいと思っていたイメージ通りの色に仕上げることができました。

デカールは、ガンキャノン最初期型を参考に、市販の水転写デカールを数種類使用。最初期型でこんだけマーキングされてるなら、RX-77-2のロールアウト時にもこのくらいされてたかもしれないというイメージ。

パチ組みとの比較。

基本工作

  • 仮組み
  • ニッパー、デザインナイフ、ヤスリでゲート処理
  • 接着後、合わせ目消し
  • パネルラインの甘いモールド部分のスジ彫り入れ直し
  • 240~800番でヤスリがけし、パーティングライン・ヒケ処理
  • バイザーのクリアパーツは2000番まで研いだあと、コンパウンドの細目→仕上げ目で表面を磨いています。

改修箇所

今回改修箇所は少ないです。

塗装

各種サーフェイサーとガイアノーツ、クレオスのラッカー塗料でエアブラシ塗装を行いました。細かい塗り分けは筆を使用。一部の塗り分け・スミ入れにはタミヤのエナメル塗料を使っています。

(G = ガイアノーツ、C = クレオス)

  • グレー: (G)メカサフ ヘヴィ
  • レッド: (G)ピンクサフ+(G)ローズブライトレッド
  • 白: (G)レディッシュウォームホワイト
  • バックパックのバーニアなど: (G)フレームメタリック2
  • 頭部クリアバイザー内部、足裏:タミヤ エナメル チタンシルバー

デカール・仕上げ

デカールはガンダムデカールやハイキューパーツの水転写デカールを数種類使用。

トップコート:(C)GXスーパースムースクリアー<つや消し>

頭部のクリアバイザー、バックパックのメタリック部はガイアのEXクリアーで光沢仕上げとしています。

右太もも後ろのラインが個人的なお洒落ポイント。

ヤフオクに出品→終了しました。