レジェンドBB 騎士ガンダム

スポンサーリンク

レジェンドBB 騎士ガンダム 完成しました。

子供の時は元祖SDの方で遊んだ記憶があります。当時は合わせ目も形の違いも気にせず、完成しただけで満足して遊んでましたが、その時のものと比べるとパチ組みでもその差は歴然ですね。思い出に浸りながら楽しく作ることができました。

ガンプラ本格的にはじめて、初めての「ガンダム」の完成品だったり(いやSDだから正確には違う…?うーん、まあいいか😅)

※ ケンタウロス形態はオミットしています。

ギャラリー

制作記

パチ組みだとこんな感じ。

ここから

  • ゲート処理
  • バイザーのメッキ落とし
  • 合わせ目処理(肩、肩アーマー、胴、スピア、トサカ、ヘルメット後部)
  • 肉抜きのパテ埋め
  • 全体のパーティングライン処理、整面処理
  • シャープ化
  • ディテール修正など
  • スジ彫り
  • サーフェイサーを吹いて、処理が甘いところを修正×数回
  • 塗装、スミ入れ
  • トップコート(黄色、赤部分のみ)

こんな感じで進めていきました。

合わせ目処理

トサカ、ヘルメット後部

胴体

肩アーマー

スピア

これらの合わせ目は接着し、目立たなくなるように処理。

肉抜きの処理

足裏、かかと、太腿、リアアーマー裏


リアアーマー裏は正面からも見えるので、塗り分けも行っています。

アンテナ裏。突起も削ります

ハンドパーツ各種、接続パーツ

写真取り忘れましたが、顎の赤い部分の下の肉抜きも埋めてあります。

シャープ化

SDなので元の造形はかなりダルめ。一応シャープ化を試みていますが、SDらしい丸みも欲しかったので控えめにしています。

アンテナ

ちょっとだけ。

スピア

穂先はプラ材で延長してちょっとだけシャープ化。根元の方の突起も削ってます。

盾の黄色いエンブレムは、シャープ化すると青色パーツの土台部分に綺麗に収まらなくなるのでそのまま。

パーティングライン、整面処理

文で書くと一行だけどめちゃくちゃ面倒

ディテールの修正など

リベットは一部、市販のリベットパーツと置き換えています。

マスクと後頭部をしっかり合わせると、頭部と首ポリキャプの接続が固すぎと感じたので、保持に影響がない程度に削ってあります。

その他、スジ彫りの甘い箇所は適宜彫り直したりなど。

塗装

基本塗装はエアブラシでのベタ塗りですが、マントにはわずかにグラデーションをかけています。キット付属のシールも使用。トサカ後ろのセンサー部分(SDにセンサーっていうのも変だけど)には、ハセガワの蛍光レッドフィニッシュを使用。

カラーレシピ

(G)…ガイアノーツ、(C)…GSIクレオス、(F)…フィニッシャーズ

シルバー部分→(G)EXシルバー
青→(C)GXメタルダークブルー
赤→(C)MSレッド / 赤シャド→(C)MSレッド+(C)あずき色少し
黄色→(G)橙黄色→(F)ミディアムイエロー

その他、筆を使った部分塗装で水性塗料使用。ヘルメット影部分(バイザー収納部奥など)にはターナーのアクリルガッシュ ジェットブラック使用。かなり暗く見えます。

赤・黄色部分にはガイアカラーのフッ素入り半光沢クリアーを試しています。メタリック部分にはクリアーをかけていません。

コメント