Home > ブログ > HD598買っちゃった

HD598買っちゃった

ここ数年、ヘッドホンはビクターのHP-RX500を愛用してたんですが、ヘッドバンド部分のクッションのポリウレタンカバー?が劣化でボロボロになったり、クッション自体が取れてどこか行っちゃったりして掛け心地が悪くなってきたので買い換えることに。HP-RX500自体はイヤーパッドが布製で掛け心地が良く、音もそこそこで気に入ってました。コストパフォーマンスは良かったです。

で、今月は自分の誕生月でもあるし、せっかくだからもうちょっといいやつを買おうと思って予算2万前後で色々物色した結果、 デザインとレビュー状況で候補に残ったのがAKGのK701とゼンハイザーのHD598でした。

音質はレビューを見る限りK701>HD598が自分の好みかなと思ったのでK701の方に傾きかけていたんですが、K701をちゃんと鳴らすためにはアンプを用意しないといけないだとか、人によってはヘッドバンド部のコブが痛くて長時間着けていられないほどだとかいうポイントが懸念材料に。コブは問題ない人は問題ないみたいなんですけどねえ…。

アンプの問題は置いといて、掛け心地は実際に着けてみないと分からないということで試聴してきたんですが、試してみた限りでは掛け心地はHD598>K701でした。HD598は軽くてかなり快適。K701もいい方なんですが、イヤーパッドの側圧が若干強めに感じたのと、HD598より重めだと思いました。重い分側圧強めに感じたのかも。ヘッドバンドのコブは平気そう。音質はK701の方がクリアでHD598の方は落ち着いた感じ。若干表現力はK701>HD598という気がしましたが、 どちらもさすがといったところ。

迷った末に、HD598の方を買いました。理由は、HD598が何となくプリンだからです。

というのは冗談で、HD598の方はアンプなしでもすんなり鳴ってくれそうなのに対して、K701はほぼアンプ必須みたいなレビューをよく見かけるので、店頭で試聴したような音が自分の環境で聴けるか不安だったことがひとつ(K701を買ったら間違いなくアンプが欲しくなるw)。もうひとつの理由は、ヘッドバンドのコブへの懸念です。店頭での短時間着用時では大丈夫な気はしたものの、長時間着用時の影響が気になるので…。さすがに店頭で長時間試すわけにもいかないし。

と、割と消極的にHD598を選んだみたいな書き方になってますが、ヘッドホンは長時間着用していることが多いので、掛け心地・気軽に取り扱えそうな事・聴き疲れしにくそうな点はかなり重要視した部分です。いくら音が良くても短時間しか聴けないのでは意味がないので。あと、 私はあまりドンシャリしたのは聴き疲れして苦手なのですが、ゼンハイザーは低音が特徴みたいな話を聞いていてちょっと心配でした。でもHD598はとても上品な低音で高域にかけてもバランス良く、好みにもばっちり。

現在バーンイン(エージング)も兼ねて聴いてますが、今までのヘッドホンとはさすがに解像度が違いますね。この曲ってこんな音も入ってたんだ~って感じで、曲が切り替わるたびに発見があって楽しいです。音質・掛け心地ともに素晴らしく、 2時間くらいずっと装着してますが聴き疲れしません。バーンイン後の音の変化も楽しみだし買ってよかったです。

AKG K701

Home > ブログ > HD598買っちゃった

Return to page top