Home > ブログ > オライリー Ebook(PDF)の周辺余白を除去

オライリー Ebook(PDF)の周辺余白を除去

オライリーの被災者支援キャンペーン、すでに個人的には結構きつきつな額を日本赤十字社の方に寄付してたので、金欠のため買うかどうか迷ったのですが、オライリー本が半額とかあまりない機会なのでえいやっと何冊か買ってみました。ちなみにキャンペーンはすでに終了しています。

ダウンロードしたままの状態だとiPhoneなどの携帯端末で読みにくいので、余白を削除してみました。

使用ソフト

※私がライセンスを所有しているAcrobatは古いバージョン5.0なので、以下の解説は5.0を前提としたものになっています(多分別のバージョンでもあまり変わらないと思いますが)。
※Acrobatがない場合は、FreeMyPDF.com等のウェブサービスで手順1~2の作業を代用できるみたいです。手順3,6については、ConcatPDF等のフリーソフトが代用できると思いますが、ここでは解説しません。
※作業の前に必ずバックアップを取ってください。
※iPad程度の画面サイズならかなり快適になると思います。

1. AcrobatでPDFを開きます。

2. [ファイル] > [文書のセキュリティ]で、「Acrobat標準セキュリティ」となっている部分を「セキュリティなし」へ変更し、上書き保存します。これだけでテキストのコピー、編集制限が解除されます。

注意:この行為は、特にパスワードを入力する必要もなく、Adobe Acrobatの標準機能で普通に設定できるため、クラッキング行為にはあたらず、電子書籍の再配布を目的ともしていないので個人的利用の範囲内と解釈しています。

3. 表紙を選択し、[文書] > [ページの抽出]で抽出。表紙のみのファイルができるので、分かりやすい名前を付けて、元のPDFとは別に保存します。この表紙のみのファイルは後で使います。

4. PDF Scissorsを立ち上げ、「手順2」で上書き保存した方のPDFを開きます。開いたら適当に crop し、本文が収まるように調整します。表紙はあとで元に戻すので、全部収まらなくても気にしなくていいです。ページを送ってみて、ちゃんと本文が収まっているか確認しましょう。

5. crop したPDFを別名で保存し、そのPDFをAcrobatで開きます。ご覧のとおり、表紙が無惨なことになっています。

6. 表紙を選択し、[文書] > [ページの削除]で無惨になった表紙だけ削除。[文書] > [ページの挿入]で、「手順3」で別に保存しておいた綺麗なままの表紙を挿入します。

7. 完成です。表紙は綺麗なまま、中身は周辺の余白が削除されています。

実際に、所持している iPod touch に Dropbox を経由して GoodReader GoodReader for iPhone - Good.iWare Ltd.でダウンロードして読んでみたところ、横画面では普通に読めるようになりましたが、縦画面はやっぱり厳しかったです(読めなくはないですが)。GoodReader はPDFのフロー表示にも対応しているので、組み合わせれば楽に読めるのかもしれません。

Ebookについては、PC画面などの大きな画面で見る場合は、場所を取らなくて済むわ、検索でさくっとジャンプできるわでいい感じ。iPadが欲しくなります。

Comments:0

Comment Form

Home > ブログ > オライリー Ebook(PDF)の周辺余白を除去

Return to page top