HG(HGAC) リーオー パチ組み

公式サイトの

■EVOLUTION POINT「Fine Build(簡単組立)」で、新関節構造による可動域の実現と関節の組立時間短縮を実現し、塗装派ユーザーにもやさしい仕様になっている!

に興味津々だったので買ってみました。まさかリーオーを買うことになるとは。

パッケージ

当時は変わったデザインだなと思ってたけど、やっぱ今見ても異形だなと思います。

組み立て説明書

その手順に使うパーツの位置がランナー毎に図示されており、親切。

ランナー自体が少ないということもありますが、部位毎にパーツがまとめられているのもあり、かなり探しやすかったです。

一部ランナーは、使用済みの不要部分を折り取って捨てられるようになっていました。スペース圧縮できてありがたい。

キット本体

かなり作りやすく工夫されていました。パーツ数が少ないこともあってあっという間にパチ組み完成。

目のクリアパーツは一度はめてしまうと取り出せなくなってしまうため、はめていません。一応塗装して完成させる予定なので。

プロポーション、ディテールとも、過不足なく良い感じになっているかと思います。

 合わせ目&気になるところチェック

工作や塗装する場合に気になるところチェック。

赤線のところに合わせ目が出ます。あと画像省略しましたが銃も。胴体グレー部分の塗装はちょっとやり方を考えないといけないですね。

足底にも合わせ目がありますが、ディテールに沿う形になっていました。

赤丸部分は組み立ての都合で突起がありますが、設定画には見当たらないので削り取りたい。

膝は簡単に組み立て&塗装もしやすい作りになってはいますが、曲げると見えてしまうところに肉抜き穴があるので埋めたい所。

シールドや肩アーマーを取り付ける時は、肩の穴に

赤矢印部分をぐっと広げてはめる必要があるので、塗装する場合は擦れて塗装が剥がれることが怖いです。

あと、シールド裏にビームサーベルの柄を設置できるようになっていますが、ピンが細くて貧弱&取り付け穴がタイトすぎて、気をつけないと折ってしまいそう。怖いので取り付けていませんw

ざくっとまとめ

手の表情パーツが握り手しかないのが個人的には残念ですが、定価1000円、市価大体800円前後で購入できるキットとしては、かなり満足度高いです。

パーツ数少なめな上、組み立て方法や説明書が工夫されていることもあり、短い時間でガンガン形が出来上がっていきます。

各関節のアプローチとか作り自体が作ってて面白く感じたので、そこらへんに興味がある人にもお勧め。